「Galaxy S6 edge」のデータ移行アプリに不具合、改善のための最新アップデートの提供開始(ソフトバンク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

「Galaxy S6 edge」のデータ移行アプリに不具合、改善のための最新アップデートの提供開始(ソフトバンク)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフトバンクは1日、Androidスマートフォン「Galaxy S6 edge」に不具合があるとして、改善のための最新アップデートの提供を開始した。アップデートは手動で行う必要がある。

 不具合は、データ移行アプリ「Smart Switch」においてデータ移行できない場合があるというもの。また、快適に利用するための更新も含まれる。

 アップデートは手動で行い、メニューから「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と進み、案内に従って操作を行う。更新には最大で20分程度かかるとしている。

 「Galaxy S6 edge」は、5月末に発売された機種。5.1インチの有機EL Super AMOLEDで解像度は2,560×1,440ピクセル、画素密度は577ppiという高解像度のディスプレイを搭載し、ディスプレイの両サイドを曲面デザインとした「デュアルエッジスクリーン」を採用する。ソフトバンクでは国内キャリアで唯一4色で展開している。

ソフトバンク「Galaxy S6 edge」に不具合で最新アップデート提供

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×