ハッカーは米国のスパイから、どれほどの情報を盗んだのか? そのすべてに挑もう~「Standard Form 86」は、まるで一人一人の諜報活動員の伝記だ(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

ハッカーは米国のスパイから、どれほどの情報を盗んだのか? そのすべてに挑もう~「Standard Form 86」は、まるで一人一人の諜報活動員の伝記だ(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

【分析記事】
もしも新たに伝えられている報告が真実で、また「米国の機微情報を扱う役職の連邦職員に関する大量のデータが、中国のハッカーに盗まれた」との考えも事実であるとするなら、オバマ政権は深刻な「インテリジェンスの危機」に向かっているかもしれない。

AP 通信の金曜(編集部註:2015 年 6 月 12 日)の報道によると、中国に結びつけられているハッカーたちは、「Standard Form 86」に関連した情報が含まれたデータベースを侵害した可能性があるという。このフォームは、「セキュリティクリアランスが要求される業務」を志願するすべての人に、米国政府が渡す質問票である。

しかし政府が「あなたの回答次第だ」と考えているのではない。もしもあなたが、最もセキュリティレベルの高い仕事を求めるなら、政府はあなたの完全な身元調査を行うのだと考え、その調査はすべてを見出すのだと仮定してもらいたい。しかし Standard Form 86 の原則は、このようになっている。「まずはあなたからどうぞ。すべてを我々に話してください」

この「すべて」というのは本当に「すべて」だ。あなたはどこで生まれたのか? どの学校に通ったのか? どこで働いたのか? それらは始まりにすぎない。この全 127 ページのフォーム(PDF)を埋め終えるころになれば、実際に、あなたが自身について明かしていないことは、ほとんどなくなる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×