ハッカーは米国のスパイから、どれほどの情報を盗んだのか? そのすべてに挑もう~「Standard Form 86」は、まるで一人一人の諜報活動員の伝記だ(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

ハッカーは米国のスパイから、どれほどの情報を盗んだのか? そのすべてに挑もう~「Standard Form 86」は、まるで一人一人の諜報活動員の伝記だ(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

【分析記事】
もしも新たに伝えられている報告が真実で、また「米国の機微情報を扱う役職の連邦職員に関する大量のデータが、中国のハッカーに盗まれた」との考えも事実であるとするなら、オバマ政権は深刻な「インテリジェンスの危機」に向かっているかもしれない。

AP 通信の金曜(編集部註:2015 年 6 月 12 日)の報道によると、中国に結びつけられているハッカーたちは、「Standard Form 86」に関連した情報が含まれたデータベースを侵害した可能性があるという。このフォームは、「セキュリティクリアランスが要求される業務」を志願するすべての人に、米国政府が渡す質問票である。

しかし政府が「あなたの回答次第だ」と考えているのではない。もしもあなたが、最もセキュリティレベルの高い仕事を求めるなら、政府はあなたの完全な身元調査を行うのだと考え、その調査はすべてを見出すのだと仮定してもらいたい。しかし Standard Form 86 の原則は、このようになっている。「まずはあなたからどうぞ。すべてを我々に話してください」

この「すべて」というのは本当に「すべて」だ。あなたはどこで生まれたのか? どの学校に通ったのか? どこで働いたのか? それらは始まりにすぎない。この全 127 ページのフォーム(PDF)を埋め終えるころになれば、実際に、あなたが自身について明かしていないことは、ほとんどなくなる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

    ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  5. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  10. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×