箱根山に火口周辺警報、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げ(気象庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

箱根山に火口周辺警報、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げ(気象庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

 気象庁は30日、箱根山(神奈川県足柄下郡箱根町)に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルをこれまでの2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げたことを発表した。

 この警戒レベルの引き上げは、29日に大涌谷付近の新たな噴気孔で火山灰等の噴出物の堆積による盛り上がりが確認されたことや、ロープウェイ大涌谷駅付近で降灰が確認されたことを受け、ごく小規模な噴火が発生したことが推測されることに基づいている。

 気象庁では、今後、想定火口域から700m程度の範囲まで影響を及ぼす噴火が発生する可能性があるとして、大きな噴石の飛散に対する警戒を呼び掛けている。

箱根山、噴火警戒レベル3へ引き上げ……気象庁・最新火山カメラ画像

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×