女子中高生の約9割が「今後LINEやTwitterなどのSNSやネットをきっかけにいじめが増える」と回答(ふみコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

女子中高生の約9割が「今後LINEやTwitterなどのSNSやネットをきっかけにいじめが増える」と回答(ふみコミュニケーションズ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 女子中高生の約9割が、今後LINEやTwitterなどのSNSやネットをきっかけにいじめが増えると考えていることが明らかになった。また、現在いじめにあっている女子中高生で親に相談したと答えた人は2割に満たなかった。

 「女子中高生のSNSやネット上のいじめについての意識調査」は、ふみコミュニケーションズが女子中高生向けポータルサイト「フミコミュ!」にて、3月30日から5月21日にかけて行った。対象は全国のフミコミュ!ユーザー295名で、うち中学生56.9%、高校生43.1%。

 「SNSやネット上で、いじめにあった事があるか」という質問には、16.3%が「ある」と回答した。いじめの内容は「悪口や陰口を言われた」がもっとも多い65.2%。ついで「LINEグループなどで仲間外れにされた」が21.2%、「自分の画像を悪用された」が13.6%と続いた。

 「今後、SNSやネット上のやり取りがきっかけで、いじめが増えると思うか」という質問には、「増えると思う」が45.1%、「どちらかというと増えると思う」が44.7%という回答になり、合わせて89.8%の人が今後ネットを介したいじめが増えるだろうと感じている。

 「いじめられてる事を誰かに相談したか」の質問では、もっとも多かったのは「誰にも相談できなかった」で28.8%となった。続いて「友だちに相談した」が25.8%。「親」との回答は15.2%、「先生」に相談したのは12%となった。「掲示板などのネット」「いじめ相談窓口」を利用した人はそれぞれ9.1%。女子中高生にとって周りの大人にいじめを打ち明けるのは難しいようだ。

 「もし自分がいじめられたら誰かに相談するか」という質問では、「友達に相談する」が30.6%ともっとも多く、「親に相談する」は17.1%だった。「掲示板などのネット」が15.7%、「いじめ相談窓口」をあげた人が10.2%いた。「先生」と回答した人は5.2%ともっとも少なく、「誰にも相談できないと思う」人は15.5%存在した。

 一方、「友達からLINEやメールでいじめられていると打ち明けられたらどうするか」という質問では、「周りの友達に相談して、いじめがなくなるように行動する」が38.6%ともっとも多く、「いじめている人にやめるように直接言う」が22.4%、「先生に相談する」が12.9%など、いじめがなくなるように行動するとする回答が続いた。「心配だけど特に何もしないと思う」と関与しないという回答したのは11.2%だった。

女子中高生「ネットいじめ増加する」が9割…親に相談は2割未満

《勝田綾@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

    「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

  2. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  3. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  4. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  5. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  6. 総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

  7. サプライチェーン攻撃、ハイエンドモバイルマルウェア、破壊型攻撃--2018年予測(カスペルスキー)

  8. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  9. IoT機器まで対象を拡大するマイニングツール--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  10. 2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×