黒いヘリのことは忘れろ、FBI が米国の街々で令状なく監視用のセスナを飛ばしている~ FBI は「金の無駄だから、それについては言及しないように」と報道機関に依頼(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

黒いヘリのことは忘れろ、FBI が米国の街々で令状なく監視用のセスナを飛ばしている~ FBI は「金の無駄だから、それについては言及しないように」と報道機関に依頼(The Register)

昨年 11 月には、米国の高官たちが、携帯電話の追跡システムを搭載した航空機を飛ばしていた事実が浮上した。これらの航空機は、モバイル機器から発せられる一意的な IMEI 番号を記録し、追跡することができる。

国際 TheRegister
「携帯電話スキャナとビデオカメラを搭載した監視用の航空機」を米国の都市の上空で――令状がないまま――日常的に飛行させるため、ペーパーカンパニーを利用していることを FBI が認めた。

その航空機は先月(編集部註:2015 年 5 月)、ボルチモアで抗議活動や暴動を監視しているところを発見された。AP 通信による調査は、それら(の航空機)の任務が例外的なものではなく、通常的に行われているものであることを確認した。その報道機関は、ヒューストン、フェニックス、シアトル、シカゴ、ボストン、ミネアポリス、南カリフォルニアなどの都市を含めた 11 の州で、100 回以上の飛行を追跡している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×