Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 2)(The Register)

国際 TheRegister

●監視が適合性を生み出す

何も手を加えられていない状態の Tor は、しばしば「(トラフィックの)分析を行うため、非対称のネットワークパスを悪用する敵」の支配下にある経路を選択する可能性がある。それを観察してきた研究者たちは、「そのような攻撃の機会を減らすためのリレー選択アルゴリズムの設計を望んできた」と語っている。

「我々は、確率的なリレー選択のアイディアに基づいて、リレー選択のシステム『Astoria』を設計している。これは Tor クライアントが、『選択可能な全てのリレー選択の中から、攻撃の機会を最小限にする確率分布を生み出し、その分布に基づいて出入口のリレーを選ぶこと』により働くものだ」

その論文は、以下のように説明している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×