Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 2)(The Register)

さらに彼は加えて述べた。「セキュリティは『ゴール』と見なされるものの一つであるが、洗練された監視技術に抵抗することよりも、むしろ『検閲への抵抗とパフォーマンス』を優先するユーザーも非常に多い」

国際 TheRegister
●監視が適合性を生み出す

何も手を加えられていない状態の Tor は、しばしば「(トラフィックの)分析を行うため、非対称のネットワークパスを悪用する敵」の支配下にある経路を選択する可能性がある。それを観察してきた研究者たちは、「そのような攻撃の機会を減らすためのリレー選択アルゴリズムの設計を望んできた」と語っている。

「我々は、確率的なリレー選択のアイディアに基づいて、リレー選択のシステム『Astoria』を設計している。これは Tor クライアントが、『選択可能な全てのリレー選択の中から、攻撃の機会を最小限にする確率分布を生み出し、その分布に基づいて出入口のリレーを選ぶこと』により働くものだ」

その論文は、以下のように説明している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×