Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 1)(The Register)

Murdochは語った。「少なくとも一部の Tor ユーザーは諜報機関によって非匿名化できる、ということは常に想定されていたので、どちらかと言えば Tor は、多くの人々が予想していたより順調に持ちこたえてきたことが示されている」

国際 TheRegister
米国とイスラエルの学者たちの研究が、新たな Tor クライアント「Astoria」の開発をもたらした。それは、「諜報機関が、その監視避けネットワーク(Tor)のトラフィック分析を行えないようにすること」を明確に意図して設計されている。

Astoria は、Tor ネットワーク上にある脆弱な接続を大幅に減らし、その数を「全ユーザーの 58 %」から「5.8 %」まで引き下げると、その研究者たちは主張している。

Astoria は、「トラフィックの分析を可能にする非対称接続」を妨げる、新たなリレー選択アルゴリズムの利用を望むものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×