開発者会議「Google I/O 2015」を開催、新製品や戦略を発表(Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

開発者会議「Google I/O 2015」を開催、新製品や戦略を発表(Google)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Googleは、本日深夜25時半ごろ(日本時間)より、サンフランシスコのモスコーンセンターウエストにおいて、開発者会議「Google I/O 2015」を開催する。「Google I/O」毎年開催され、同社の新製品や戦略が発表される場となっている。

 「Google I/O 2014」は昨年6月に開催。「Android TV」、低価格スマートフォン「Android One」、容量無制限のストレージサービス「Google Drive for Work」、Android Wear搭載デバイスの実機などが公開された。

 「Google I/O 2015」は5月28日・29日(現地時間)の2日間にわたり開催。次期OS「Android M」のほか、新アプリ、新しいネットワークサービス、自動運転関連の技術などが発表されるのではないかと噂されている。参加料金は、General Admission Ticketが900ドル、Academic Admission Ticketが300ドル。

次期OS「Android M」が登場!? 「Google I/O 2015」が本日深夜開幕

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×