「Logjam」は、NSA が VPN を破る際に利用したものかもしれない~ジョンズホプキンス大の暗号研究者が指摘した、「FREAK」に似たバグ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

「Logjam」は、NSA が VPN を破る際に利用したものかもしれない~ジョンズホプキンス大の暗号研究者が指摘した、「FREAK」に似たバグ(The Register)

国際 TheRegister

【追加更新情報あり】
ジョンズホプキンス大学の暗号研究者 Matthew Green が率いるチームは、「NSA がいかにして VPN サービスを攻撃したのか、これで説明できるかもしれない」と考えている。つまり「TLS の Diffie-Hellman 鍵交換の実装方法における欠陥」のことだ。

この「次に派手なブランド化をされるはずのバグ」では、512 ビットのキーの「輸出グレード」の Diffie-Hellman(DH)鍵交換をサポートするサーバが、その脆弱なレベルまで接続をダウングレードするように強いることができる、と Green は語っている。このときサーバは(つまりクライアントも)、共に「768 ビット、あるいは 1024 ビットのような、より強固なキーを利用している」と信じたままだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×