「CPU のキャッシュをスパイする JavaScript」が、あなたのオンライン活動の全てを詐欺師に語る~新たな研究が大手ブラウザに修復を促す(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

「CPU のキャッシュをスパイする JavaScript」が、あなたのオンライン活動の全てを詐欺師に語る~新たな研究が大手ブラウザに修復を促す(The Register)

犠牲者たちが追加のソフトウェアをインストールする必要は一切なく、ただ単に、いくつかの悪質な JavaScript を含んだページを訪問するだけで良い。したがって、それはハッキングの実用性を上げるものだ。

国際 TheRegister
コロンビア大学の 4 人の科学者たちが、「PC のプロセッサのキャッシュに対するスパイ行為」で、Web ブラウザタブでのキー入力やマウスクリックを傍受することが可能だと考えている。

このエクスプロイトは、Intel CPU の最近のモデル――たとえば Core i7 ――を搭載した、HTML5 対応のブラウザを利用しているマシンで有効となるようだ――それは、おそらくデスクトップマシンの約 80 %が該当する。

この 4 人の研究者(Yossef Oren、Vasileios Kemerlis、Simha Sethumadhavan、Angelos Keromytis)は、「悪質なウェブ広告ネットワークが配信する JavaScript」によって実行が可能となるサイドチャネル攻撃を考案した。それは最後のレベルのキャッシュ――つまり PC の全てのコアにシェアされる 3 次キャッシュ――が格納したアクセスデータへアクセスする際の時間を計測し、それをユーザーの活動にマッチングさせることで成り立つ攻撃だ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×