ペンタゴンがサイバー戦略のルールを公表した理由がここに~中国よ、それをまだハッキングして入手していないのなら、この記事を読めばいい(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

ペンタゴンがサイバー戦略のルールを公表した理由がここに~中国よ、それをまだハッキングして入手していないのなら、この記事を読めばいい(The Register)

「たとえば米軍は、米国の合意の下、継続的な紛争を終了する目的で、あるいは米国の利益に対する武力の行使を防止する目的で、敵の軍事システムを破壊するためのサイバー作戦を行使する可能性がある」

国際 TheRegister
ペンタゴン(編集部註:米国防総省)が、敵国をハッキングする際の条件を明確にした「サイバー戦争の戦略の概要」を初めて発表した。

また国防長官 Ashton Carter は、スタンフォード大学で行われた講演で、「コンピュータセキュリティにおける米国の最大の敵国」として中国、ロシア、イラン、北朝鮮を名指しした。

これまで米国の指導者たちは、公の場で国を名指しすることを避けてきた。だが Carter は木曜日(編集部註:2015 年 4 月 23 日)、そこから一歩踏み込んで、その大学の観衆に「対応の階層構造」について概説した、と The New York Times は報じている
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×