パブリッククラウド利用は36%、このうちセキュリティ被害は17%が経験(クラウド総研) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

パブリッククラウド利用は36%、このうちセキュリティ被害は17%が経験(クラウド総研)

クラウド総研は、「国内クラウド市場セキュリティに関する意識調査」の調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アイレット株式会社が運営する「cloudpack」が立ち上げた調査機関「クラウド総研」は5月18日、その第1弾となる「国内クラウド市場セキュリティに関する意識調査」の調査結果を発表した。クラウド総研では、国内クラウド市場における企業ユーザ動向を定期的に調査・発信していくとしている。本調査は3月から4月、自社のICT投資額を把握し、ICTに関して決済権を持つ役職である全国1000名の20代から60代の男女に対して実施したインターネット調査。「企業のパブリック・クラウドセキュリティに関する実態・意識」について聞いている。

調査結果によると、「自社はパブリック・クラウドサービスを利用している」と回答した人は36.5%で、このうちクラウド上でセキュリティ被害を受けた経験のある人は17.3%であった。被害内容は、「標的型攻撃」「アカウント情報の流出」がそれぞれ60.3%と全体の過半数を超えた。セキュリティ対策については「とても十分(10.1%)」「まあ十分(60.3%)」と、70.4%が満足しているという結果となった。全体に対して「クラウド導入に対して不安に思う点」を尋ねたところ、1位が「情報漏えい、セキュリティのリスク(67.8%)」、2位が「運用費用の増加(43.9%)」、3位が「サポート体制は十分か(35.7%)」となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×