デフォルトの管理者パスワード、Wi-Fi への常時接続、開いたUSB ポート……その電子投票システムが廃止されたのは当然のこと~バージニア州が、パッチの当てられていない Windows XP ベースの投票箱を廃止(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

デフォルトの管理者パスワード、Wi-Fi への常時接続、開いたUSB ポート……その電子投票システムが廃止されたのは当然のこと~バージニア州が、パッチの当てられていない Windows XP ベースの投票箱を廃止(The Register)

国際 TheRegister

「長年にわたって利用されてきた電子投票のシステムに、セキュリティホールがぽっかり開いていた」ということを学んだ米国のバージニア州が、そのシステムを廃止しようとしている。

その Wi-Fi 接続の投票システム「Advanced Voting Systems WINVote」は、物理的、電子的な侵入に対する基本的なセキュリティ対策が欠けていることが明らかとなり、バージニア州の選挙管理委員会は、その投票箱の認可の取り消しを余儀なくされた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×