箱根山の噴火警戒レベルが火口周辺規制に引き上げ、箱根ロープウェイが運休に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

箱根山の噴火警戒レベルが火口周辺規制に引き上げ、箱根ロープウェイが運休に

脆弱性と脅威 脅威動向

神奈川県箱根町の箱根山で噴火警戒レベルが火口周辺規制(レベル2)に引き上げられたのに伴い、一部の公共交通機関に影響が出ている。

5月6日14時04分の時点では、箱根町が「大涌谷の噴気地帯に近い場所のごく一部への立ち入りを規制」したことから、箱根ロープウェイの早雲山~大涌谷~桃源台間が全線で運転を休止している。

箱根登山鉄道の鉄道線とケーブルカー、箱根海賊船、箱根登山バス、小田急箱根高速バス、沼津登山東海バス、駒ヶ岳ロープウェーなどは、平常通り運行している。

箱根ロープウェイ、噴火警戒レベル引上げで運休

《草町義和@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×