「標的型メール」の捜査の過程で著作権侵害行為が発覚、中国籍の男性らを逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

「標的型メール」の捜査の過程で著作権侵害行為が発覚、中国籍の男性らを逮捕(ACCS)

 警視庁公安部と池袋署は4月28日、東京都板橋区の会社経営男性(44歳、中国籍)および東京都練馬区の従業員男性(31歳、中国籍)を、著作権法違反(複製権侵害)の疑いで逮捕した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が1日に公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 警視庁公安部と池袋署は4月28日、東京都板橋区の会社経営男性(44歳、中国籍)および東京都練馬区の従業員男性(31歳、中国籍)を、著作権法違反(複製権侵害)の疑いで逮捕した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が1日に公表した。

 男性らは2014年4月13日頃、自らが経営する店舗において、権利者(マイクロソフト)に無断で「Microsoft Windows 7 Ultimate 64bit SP1(中国語版)」を、顧客PCに有償で複製したという。

 政府機関や日本企業に対する「標的型メール」の捜査の過程において、男性らの著作権侵害行為も発覚。警察がACCSを通してマイクロソフトに連絡した。

警視庁公安部、中国籍の男性らを複製権侵害で逮捕

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×