反政府勢力との和平交渉をスパイしたコロンビア人ハッカーが10年間収監される~公判では「モンテ・クリスト伯」を引き合いに出したが…(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

反政府勢力との和平交渉をスパイしたコロンビア人ハッカーが10年間収監される~公判では「モンテ・クリスト伯」を引き合いに出したが…(The Register)

彼が嗅ぎまわったことで、おそらく、2014年のコロンビアの大統領選挙戦の期間中、当時の大統領候補オスカル・イバン・スルアガが大統領フアン・マヌエル・サントスの醜聞を掘り出す手助けとなった。

国際 TheRegister
あるコロンビア人ハッカーが10年の間、投獄されている。いくつかある罪状の中でも、マルクス主義の反政府勢力と現地政府間の和平交渉をスパイしたことによる。Fox News Latinoが報じている。

Andrés Sepúlvedaは、政府とコロンビア革命軍(FARC)の交渉において両陣営を嗅ぎまわっていたことを認めたものの、厳しい判決を受けた。もっと具体的に言うと、Sepulvedaはコロンビア革命軍の司令官Rodrigo "Timochenko" Londonoと、リベラル派の前議員Piedad Cordobaの通信を傍受した。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×