NGFWの新モデル5機種を発表、SOHOや中規模企業にも対応(シスコ) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

NGFWの新モデル5機種を発表、SOHOや中規模企業にも対応(シスコ)

シスコは、脅威に重点を置いた業界初となる次世代ファイアウォール「Cisco ASA with FirePOWER Services」の新モデルを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
シスコシステムズ合同会社(シスコ)は4月27日、脅威に重点を置いた業界初となる次世代ファイアウォール(NGFW)「Cisco ASA with FirePOWER Services」の新モデルを発表した。同製品は、ステートフルなファイアウォール、アプリケーションの可視性と制御(Cisco Application Visibility and Control:Cisco AVC)、高度なマルウェア防御(Cisco Advanced Malware Protection:Cisco AMP)、次世代侵入防止機能(NGIPS)をひとつのデバイスに組み込んだもので、5種類のモデルが用意される。

複数の脅威防御テクノロジーを緊密に統合することで、多くの中規模企業でみられる「寄せ集めのセキュリティアプローチ」から脱却するとともに、総所有コストを削減してセキュリティへの投資効果を最大化する。また、誤検出アラートを減少させ、ITスタッフの負担を軽減する。さらに、従来は不明であったマルウェアにもフラグを付けるため、検出までの時間が大幅に短縮され、解決までの時間も週単位から時間単位へと短縮するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×