セキュアなプロトコルの欠如は米国の内部告発者を危険にさらすとACLUが言及~迅速にHTTPS-Only Standard(常時HTTPS基準)の実装を(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

セキュアなプロトコルの欠如は米国の内部告発者を危険にさらすとACLUが言及~迅速にHTTPS-Only Standard(常時HTTPS基準)の実装を(The Register)

ACLUは次のようにも記している。「インターネットのホットライン経由で不正を報告する際に現状HTTPSを使って保護していないサイトが少なくとも29ある。こうしたサイトには、司法省や国土安全保障省のものも含まれる。」

国際 TheRegister
最近の「HTTPS-Only Standard」の提案を受けて、ACLU(American Civil Liberties Union、米国自由人権協会)は実用的な通信の暗号化が今こそ包括的に実装されることの価値を強調した。

オンラインの「ホットライン」経由でのセンシティブな情報をHTTPSを使って保護していない米国政府のWebサイトが、現在のところ少なくとも29あると、この非営利組織は述べている。

米国のCIO(Chief Information Officer)は現在HTTPS-Only Standardの提案を行った。これは公的にアクセス可能な米政府のWebサイトやWebサービスすべてにHTTPSによる通信の暗号化を義務付けるというものだ。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×