追加調査で性能評価基準を満たしていない建築物が新たに90棟判明したことを発表(東洋ゴム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

追加調査で性能評価基準を満たしていない建築物が新たに90棟判明したことを発表(東洋ゴム)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東洋ゴムは、性能評価基準に適合しない免震ゴムを販売していた件で、さらに90棟で性能評価基準を満たしていない建築物があったことを発表した。また、基準を達成しているのか判定できない建築物が9棟あることも明らかにしている。

同社は、性能評価基準を満たしていない免震ゴムが55棟で使用されていたとしたが、今回の追加調査で新たに共同住宅や病院など、90棟でも性能評価基準を満たしていない免震ゴムが採用されていたことが判明した。これで大臣認定に適合していない建築物は合計145棟となった。

これに加えて、大臣認定への適合性が判断できない建築物が9棟あるとしている。

これら免震ゴムは、製品の性能検査時、測定した実測データに対して技術的根拠のない補正や恣意的なデータ操作をおこないながら所要の性能を持つ製品として販売していた。

同社では、担当者が不正にデータ操作していた背景や、会社としての業務プロセスの管理方法などについて、外部の法律事務所による追加調査を実施している。この報告書を確認したうえで、究明できた経緯・原因、再発防止策などをまとめ、5月上旬を目途に公表する。

東洋ゴム、免震ゴム不適合建築物90棟が新たに判明…合計145棟に

《編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

    「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  2. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

    「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  3. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

    小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  4. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  5. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

  6. 「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

  7. 「自炊代行業」の男性を逮捕、書籍の転売やデータの使い回しなども判明(ACCS)

  8. 建造物侵入・現金窃盗事件で逮捕された元行員が顧客情報を持ち出し(佐賀銀行)

  9. Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスでアンケート情報流出の可能性(国土交通省)

  10. インテリアショップサイトに不正アクセス、カード情報含む個人情報が漏えい(ミサワ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×