アイデンティティ管理製品をIT主導から企業ニーズ主導へ転換(RSA) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

アイデンティティ管理製品をIT主導から企業ニーズ主導へ転換(RSA)

米 EMC 社 セキュリティ部門である RSA は、日本時間4月22日、サンフランシスコで開催されている国際会議 RSA Conference 2015 USA でアイデンティティ管理の新製品と、SIEM 製品の機能拡張を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
米 EMC 社 セキュリティ部門である RSA は、日本時間4月22日、サンフランシスコで開催されている国際会議 RSA Conference 2015 USA でアイデンティティ管理の新製品と、SIEM 製品の機能拡張を発表した。

SIEM 製品「RSA Security Analytics」は、ログ解析対象をクラウドまで拡張し、あわせてスループットベースの課金、サブスクリプションサービス、既存のストレージ活用など、新たな料金設定とパッケージのオプションが追加された。

新たに提供されるアイデンティティ管理製品「RSA Via」は、動的なIT環境やID管理のニーズに対応するよう構築されており、シンプルな認証を提供しシャドウITのリスクを減らす「RSA Via Access」、アクセス権限の管理を自動化する「RSA Via Governance」、プロビジョニングを自動化する「RSA Via Lifecycle」の3つのソリューションで構成され、エンドポイントからクラウドまで、アイデンティティを保護するという。

エンジニアリング・製品管理担当バイスプレジデントのジム・ドュチャルメ氏は今回のリリースにあたり、これまでのアイデンティティ管理製品は、動的な環境を管理するために固定されたルールを使用していたため、最終的にはビジネスにリスクをもたらすことになったが、「RSA Via」はそれを解決する、というコメントを寄せている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×