DDoS攻撃の可視化により、被害の発生前に対策する実証実験に成功(A10、SAP) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

DDoS攻撃の可視化により、被害の発生前に対策する実証実験に成功(A10、SAP)

A10とSAPは、企業に対するDDoS攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションの実証実験に成功したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
A10ネットワークス株式会社(A10)とSAPジャパン株式会社(SAP)は4月16日、企業に対するDDoS攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションの実証実験に成功したと発表した。これは、SAPジャパンが運営する共同研究施設「SAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)」において、両社の製品を連携し、インターネット経由のサイバー攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションを共同開発するとともに、その実証実験に成功したというもの。

具体的には、A10の提供するADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラー)「Thunder ADC」と、SAPジャパンの提供するインメモリーデータベース「SAP HANA」を連携した「Attack Finder(仮称)」を開発。Thunder ADCの独自OSによるトラフィックの振り分け機能と、SAP HANAのインメモリーデータベースによる高速処理により、新たなセキュリティソリューションを実現したという。

これにより、パケット量から攻撃者のIPアドレスや発信元まで、サイバー攻撃に関する詳細データの確認および自動分析が可能になる。また、リアルタイムで行うため、被害が発生する前に即座に攻撃への対策を行うことができる。さらに、ブラウザでも閲覧可能なシンプルなUIと、多彩なグラフ機能を備えたダッシュボードにより、経営層を含めた全社員が容易に攻撃情報を共有できるとしている。両社は今後、2015年内の商品化を目指し、さらなる開発を進めていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×