大爆笑:米国麻薬取締局による米国市民の通話データの収集は、1990年代から始まっていた~NSA? 9/11? 彼らには新しすぎる話だ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

大爆笑:米国麻薬取締局による米国市民の通話データの収集は、1990年代から始まっていた~NSA? 9/11? 彼らには新しすぎる話だ(The Register)

彼らは、その作戦がジョージ・ブッシュ大統領の管理下で 1992 年に開始したと説明している。それは4期の大統領政権に渡り、司法省のトップの当局者たちによって迎え入れられ、独立した監督制度をほとんど持たなかったという。

国際 TheRegister
米国麻薬取締局が、米国市民の国際通話を傍受していたことに関して、さらなる暴露情報が浮上した――その情報には、「彼らの傍受が開始した日」や「作戦の終結後、それに取って変わった作戦」に関するものが含まれている。

1 月に The Register が報じた通り、同局の麻薬取締捜査官たちは、「同機関が不審だと見なした国々」に米国市民が国際電話をかけた際、常にその電話のメタデータをバルク収集していたということが、法定文書(PDF)によって明らかとなっている。

そして現在 USA Today による調査が、さらなる情報を暴いている。その情報には、事実上「麻薬取引にリンクされた 116 もの国々に対する、米国からの全ての通話」のログに関する詳細情報が含まれている。そのログは、2001 年 9 月 11 日のテロ攻撃よりも前から始まった計画で、20 年以上にわたって蓄積されてきた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×