あなたが「ハングオーバー!」を視聴する間に、AT&T はプライバシースキャンダルの罰金 2,500 万ドルを支払う~個人情報の値段は? 1 人あたり約 89 ドル(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

あなたが「ハングオーバー!」を視聴する間に、AT&T はプライバシースキャンダルの罰金 2,500 万ドルを支払う~個人情報の値段は? 1 人あたり約 89 ドル(The Register)

通信監査機関は本日、AT&T がこの問題を示談で解決したと発表した。その罰金(約 30 億円)は、「米国で、消費者のプライバシーの調査を遂行に関する、過去最大の額の罰金だ」と FCC は語った。

国際 TheRegister
自社のスタッフが契約者の個人記録を不正に抜き出し、「盗難品の携帯電話を売りさばく犯罪者」に漏えいしたことを受けて、AT&T は 2,500 万ドルの罰金を支払うことになった。

その通信企業の海外のコールセンターに勤務していた従業員のおよそ 40 人が、許可なく 28 万人分のアカウントから氏名や電話番号、そして「社会保障番号の少なくとも末尾 4 桁以上」を引き抜いた。

それらの記録は犯罪集団に漏えいした。それを手に入れたギャングたちは、携帯電話のロックを解除するコードを要求するべく、AT&T のウェブサイトに情報をフィードバックした。そのコードは、携帯電話に課せられた「通信企業のネットワークの制限」を解き、盗まれた携帯電話は販売され、別のユーザーが再び利用できるようになった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×