クリミア半島在住ユーザーを対象にBattle.netアカウントを停止処分(Blizzard Entertainment) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

クリミア半島在住ユーザーを対象にBattle.netアカウントを停止処分(Blizzard Entertainment)

Blizzard Entertainmentがロシアのクリミア半島在住ユーザーを対象に、Battle.netアカウントを停止処分にしたことが、海外メディアより報告されています。

国際 海外情報
Blizzard Entertainmentがロシアのクリミア半島在住ユーザーを対象に、Battle.netアカウントを停止処分にしたことが、海外メディアより報告されています。

昨年12月、米国のオバマ大統領から経済制裁を発表されていたクリミア半島。GamePlanet及びGeekTimesの報道によれば、Blizzardは同地域在住ユーザーに向けて「クリミア地域に関連する現在の取引規則に従って、私達は合法的にあなたのBattle.netアカウントを停止する必要があります」とのメールを送信したとのこと。これにより、『World of Warcraft』や『Diablo III』、『Hearthstone』などのタイトルが一時的に利用不可となり、サブスクリプションサービスにおいても支払停止処分が下された模様です。

なお、米国大統領令で下されたクリミア半島への経済制裁には、GoogleやAppleなどの企業も対応しており、一部ユーザーに制限が与えられています。

クリミア半島ユーザーのBattle.netアカウントが停止処分に―米経済制裁が影響

《subimago》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×