PC にバックドアを仕掛ける「危険な自動更新アプリ」の疑惑を Dell が否定~同社曰く「政府による埋め込み? 我々は決して協力しない」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

PC にバックドアを仕掛ける「危険な自動更新アプリ」の疑惑を Dell が否定~同社曰く「政府による埋め込み? 我々は決して協力しない」(The Register)

「その小さなプログラム『Dell Service Tag Detector』は、サービスタグを確認する以外にも数多くのことを行う」「攻撃者が恣意的にファイルをダウンロードし、実行するためのプログラムを遠隔起動できる可能性もある」とForbesは語った。

国際 TheRegister
あるセキュリティ専門家が、(Dell の)アップデートアシスタントアプリの安全性の低さを発見した。それを受けた Dell は「キットへのバックドアの構築」を否定している。

Dell Service Tag Detector アプリ(※)は非常に危険で、インストールされたマシンにバックドアを作成すると Tom Forbes は主張している。

より具体的に言えば、Forbes は、そのアプリが遠隔地からのコード実行(Remote Code Execution、RCE)のリスクをもたらすと断言している。彼の主張が正しいのであれば、それは「ハッカーやサイバースパイたちが、脆弱なシステム上へマルウェアを送り込むための手段」を作り上げることになる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×