防火・防煙シャッター用安全装置に信号送信用コードのない無線式を採用(文化シヤッター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

防火・防煙シャッター用安全装置に信号送信用コードのない無線式を採用(文化シヤッター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 文化シヤッターは1日、防火/防煙シャッター用安全装置として「無線式危害防止装置“マジックセーフ”」を発売した。

 建築基準法施行令により、防火シャッター等の防火設備への設置が義務付けられている安全装置「危害防止装置」に、信号送信用コードのない無線式を採用している点が特徴だ。

 防火/防煙シャッターの従来のコードリール式危害防止装置では、シャッター全閉時に信号送信用コードが露出するため、いたずら等による断線が懸念されていた。「マジックセーフ」は無線式のため信号送信用コードが露出せず、断線の懸念もなくスッキリとした意匠となる。

 また、従来の無線式危害防止装置では、シャッター降下時に何かを検知すると、シャッター下端部に設けられた送信機から天井収納部にある受信機に一時停止信号を送るため、送信機にバッテリーを搭載する必要があったが、「マジックセーフ」では送信機に自己発電装置を内蔵しており、バッテリーを不要としている。なお、危害防止用連動中継器にはバッテリーが搭載されており、約5年で定期交換する

 新設・既設シャッター問わず設置が可能となっており、最大間口11m、最大高さ8mまで対応する。間口5m、高さ3mの防火/防煙シャッターを新設する場合の参考価格は1,780,000円。同社は初年度の販売目標を10億円としている。

防火/防煙シャッター用安全装置「無線式危害防止装置“マジックセーフ”」

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  9. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

  10. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×