最低限の防災用品や1日分の非常食を詰めた「ひなん箱」の発売を開始(眞照) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

最低限の防災用品や1日分の非常食を詰めた「ひなん箱」の発売を開始(眞照)

 眞照は持ち手の付いた小さな段ボール箱に、最低限の防災用品や1日分の非常食を詰めた「ひなん箱」の発売を開始した。同社では贈答用としての利用を見込んでいる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 眞照は持ち手の付いた小さな段ボール箱に、最低限の防災用品や1日分の非常食を詰めた「ひなん箱」の発売を開始した。同社では贈答用としての利用を見込んでいる。

 「ひなん箱」は上部に持ち手の付いた小さな箱に、1日分の食料とウェットタオル、ティッシュなどをセットにした商品。調理が不要で開封してもすぐ飲食でき、購入時から消費期限まで4年以上ある食品のみを封入している。

 小さく軽量のため、持ち出しやすい場所に置いておき、非常時にすぐ持ち出せるのが特長。箱の内容例は、1,300円(税別)のものなら、パンの缶詰1缶、飲むごはん1本、野菜ジュース1本、氷砂糖、ウェットタオル、ポケットティッシュとなっている。また、食物アレルギーを配慮した食品のみでの詰め合わせにも対応しているとのこと。

災害時にすぐ持ち出せるコンパクトな「ひなん箱」が発売

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×