世界で「最も危険な」マルウェアの更新にファビコンが用いられる~あなたは最悪の事態に陥ってから、初めて感染に気付くだろう(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

世界で「最も危険な」マルウェアの更新にファビコンが用いられる~あなたは最悪の事態に陥ってから、初めて感染に気付くだろう(The Register)

この最新の Vawtrak のサンプルは、ファイル更新を隠すために、ファビコン上でステガノグラフィーを利用しているとKroustekは語った。それはウェブサイトのブックマークとブラウザのタブに色を追加するよう、小さなイメージを用いる方法だ。

国際 TheRegister
開発者 Jakub Kroustek が、危険なマルウェア「Vawtrak」の新機能を発見した。それは、Tor ネットワーク上に分散する暗号化されたファビコンを利用し、そのマルウェアがデータを送受信できるようにする機能だ。

その AVG のセキュリティ研究者は、レポート(PDF)の中で、この「現存する単一の脅威で、最も悪質なものの一つと考えられているマルウェア」の機能を暴いている。

犯罪的な Vawtrak の開発者からアップデート情報を受けとる際、Vawtrak は Tor2web プロキシを利用する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×