エジプト発の偽 SSL 証明書に Google が激怒~「いかに認証局の世界が崩壊しているのか」が、またしても示される(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

エジプト発の偽 SSL 証明書に Google が激怒~「いかに認証局の世界が崩壊しているのか」が、またしても示される(The Register)

研究者たちは、偽の証明書を発行するのが簡単であったこと、そしておそらくそれが現実社会で盗まれ、利用されたことを懸念している。これは、またも現れた「暗号の認証局に関する根本的な問題」の新たな一例だ。

国際 TheRegister
【末尾に追加情報あり】

セキュリティ企業の MCS Holdings が、「Google の所有するウェブサイトの不正な SSL 証明書」を作成したと Google が述べている。

理論上、その危険な証明書を持つ者は誰でも「正式な Google のサイト」になりすましたウェブサーバを構築することができ、また DNS を乗っ取ることで、偽サイトへと人々をリダイレクトすることができる。Chrome、および最新の Firefox ウェブブラウザは、それを検知してサーバの通信を拒否するが、その他のブラウザの場合は、その試みに気付かぬまま偽のウェブサイトへのリダイレクトを続け、パスワード、メールアドレス、その他の詳細情報を悪者の手に渡してしまう可能性がある。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×