5作品の悪質なマルウェア入りクローンゲーム作品を確認(Steam Greenlight) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

5作品の悪質なマルウェア入りクローンゲーム作品を確認(Steam Greenlight)

Steam Greenlightにて、悪質なユーザーによるマルウェア入りクローンゲーム作品が公開されていたことが、海外ゲーマーやメディアの間で話題となっています。

脆弱性と脅威 脅威動向
Steam Greenlightにて、悪質なユーザーによるマルウェア入りクローンゲーム作品が公開されていたことが、海外ゲーマーやメディアの間で話題となっています。

海外メディアPolygonが受けた報告によれば、Steam Greenlightを利用しているゲームデベロッパーが、自身のタイトルのクローン版をGreenlight内で発見したとのこと。公開ページでは「ベータ版」と称してマルウェアを配信していたことも確認されており、ユーザーに向けて注意を喚起していました。また、インディーRPG『Melancholy Republic』開発元Cloud Runner Studiosからも同様の被害について報告されており、Polygonではそのスクリーンショットも公開されています。

なお、現在は5作品の悪質なクローン作品がSteam Greenlightから削除されており、Valve側も悪意あるユーザーに向けて対応しながら、Steamコミュニティーユーザーに不審なクローン作品について注意するよう呼び掛けていく方針とのことです。

Steam Greenlightにマルウェア入り悪質クローン作品が出現、Valveが削除対応

《subimago》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×