無線LAN回線を使用時に中間者攻撃を受ける脆弱性を修正、アプリを最新版に更新することを呼びかけ(LINE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.22(日)

無線LAN回線を使用時に中間者攻撃を受ける脆弱性を修正、アプリを最新版に更新することを呼びかけ(LINE)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 LINEは16日、スマートフォンアプリ「LINE」に存在する脆弱性を修正したことを公表した。LINE内のトーク内容・友だち一覧などのデータが取得・改ざんされる可能性があったという。アプリを最新版にすることで解消される。

 この脆弱性は、無線LAN回線(Wi-Fi)を使用したときに、悪意のある第三者が「中間者攻撃(man-in-the-middle attack)」を行う可能性があるというもの。悪用目的で設置されたWi-Fiにアクセスした状態で、LINE上で特定の操作を行ったときに、トーク内容やデータの抜き取りが可能になった。LINEアプリ内の[その他]にあるページを開く、メッセージ・タイムラインに記載されたURLにアクセスするといった操作が該当する。

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)および情報処理推進機構(IPA)が2月3日にLINEに報告。連絡を受けた同社は、直後にLINEを修正。3月4日にiOS版、3月10日にAndroid版の順に修正版をリリースした。現在、この脆弱性による被害は確認されていないとしている。

 またこれ以外にも、悪意のある第三者が、友だち表示名に不正なプログラムコードを埋め込んだ状態で友だち申請をし、そのコードが実行されると、LINE内の情報が閲覧・改ざんされる可能性があるという脆弱性があった。この脆弱性もあわせて修正されている。

 LINEでは、「アプリを最新バージョンに更新する」「知らない無線LAN(Wi-Fi)には接続しない」といったことに日頃から留意するよう呼びかけている。

LINE、「中間者攻撃」を受ける脆弱性を修正

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  6. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  7. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  8. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×