「我々に自制心はない」米国最強の男たちがメールを恐れる理由~ヒラリー・クリントンのメール騒動で「テクノロジー嫌いの上院議員」グラハムとマケインが言いたい放題(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

「我々に自制心はない」米国最強の男たちがメールを恐れる理由~ヒラリー・クリントンのメール騒動で「テクノロジー嫌いの上院議員」グラハムとマケインが言いたい放題(The Register)

国際 TheRegister

米国で最も大きな権力を持つ男たちのうち 2 人が――自分が言いかねないことを恐れているという理由で――メールを利用していないことを明かした。

「私はメールを使わない。(もしもそれを使うと)私がこれまでに送った全てのメールの一つ一つが保持される。私は送ったことがない」と、リンジー・グラハム上院議員は昨日(編集部註:2015 年 3 月 8 日)、NBC's Meet the Press に語った。グラハムの発言は、先週末のジョン・マケイン上院議員の声明に続くものだった。彼と同様、メールを送らないと明言したマケインは MSNBC に語った。「私は(メールではなく)電話を使いたい。ツイートを使いたい」

両上院議員が挙げた「メールを使わない理由」は、さらに奇怪だ。彼らには、間抜けな発言を控えるための自制心が欠落しているのだという。

困惑する Bloomberg News に対して、グレアムは以下のように語った。「私は、『最初に頭に浮かんだ馬鹿なことを言えるシステム』を持たないように心がけている。いつでもそれを懸念している。私はテキスティングを受け取ることができ、そして私が望むのであれば、それに対して折り返しの電話をすればいい」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×