フルクラウド型統合脅威管理アプライアンスを発売(テクノル) | ScanNetSecurity
2021.11.27(土)

フルクラウド型統合脅威管理アプライアンスを発売(テクノル)

テクノルは、PCやスマートフォン、タブレット端末5台までの事業所・家庭向けフルクラウド型統合脅威管理アプライアンス「MR-5」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社テクノルは3月3日、PCやスマートフォン、タブレット端末5台までの事業所・家庭向けフルクラウド型統合脅威管理アプライアンス「MR-5」の販売を開始したと発表した。MR-5は、米Webroot社が提供する脅威インテリジェンス サービス「BrightCloud セキュリティサービス(BCSS)」の「IP レピュテーション」「Web レピュテーション」「Web クラシフィケーション」「ファイル レピュテーション」を利用した、フルクラウド型の統合脅威管理アプライアンス。予定販売価格は30,000円、予定月額プログラム利用料金は1,000円m(ともに税別)。ハードウェア保守料金は未定としている。

BCSSを基盤とするウェブルートインテリジェンスネットワーク(WIN)は、IPアドレス、URL、ファイルなど150TB以上もの膨大な脅威データベースをクラウド上に保有しており、それらの情報を相関分析することで予測型のインテリジェンスを提供します。MR-5は、この最新データをリアルタイムに参照し、常に最新のセキュリティを提供することで、従来のシグネチャ方式のUTMなどに比べ、より多くの脅威に対応することができるとしている。なお、BCRIの国内展開は、ウェブルート株式会社が行っている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×