クラウドと連携するハイブリッド型DDoS対策ソリューションを発売(日本ラドウェア) | ScanNetSecurity
2021.10.16(土)

クラウドと連携するハイブリッド型DDoS対策ソリューションを発売(日本ラドウェア)

日本ラドウェアは、クラウド型DDoS攻撃対策サービス「DefensePipe」のサービス提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ラドウェア株式会社は3月6日、クラウド型DDoS攻撃対策サービス「DefensePipe」のサービス提供を開始したと発表した。DefensePipeは、インターネットパイプの飽和を回避するためのソリューションで、大規模なDDoSトラフィックによる攻撃をインターネット側で軽減し、クリーンなトラフィックのみをユーザのデータセンターへ流すクラウドサービス。

通常は当社のDDoS対策製品であるDefenseProによって企業データセンターのオンプレミス側で防御を行い、回線を飽和させるトラフィックが検知された際には経路を切り替え、世界7カ所に配置したラドウェアのスクラビングセンターでアタックトラフィックの軽減措置を行う。ハイブリッド型のソリューションであることが特長。これにより、より広範囲で、より迅速なDDoS軽減対策を実現するとしている。参考価格は、「DefensePipe トラフィックベースモデル」が月額77万円から、「DefensePipe Economy」が月額50万円からとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×