CNIのクラウドサービスの入口・出口対策オプションにウォッチガード採用(ウォッチガード、CNI) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

CNIのクラウドサービスの入口・出口対策オプションにウォッチガード採用(ウォッチガード、CNI)

ウォッチガードは、コアネットインタナショナルと協業したと発表した。CNIはウォッチガードのUTM/NGFW製品を活用した新たなネットワークセキュリティソリューション「入口・出口対策ソリューション」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は3月3日、コアネットインタナショナル株式会社(CNI)と協業したと発表した。この協業により、CNIはウォッチガードのUTM(統合脅威管理)/NGFW(次世代ファイアウォール)製品を活用した新たなネットワークセキュリティソリューション「入口・出口対策ソリューション」の販売を開始した。ウォッチガード製品のAPTBlocker(フルシステムエミュレーションのサンドボックス機能)、高いスループット、WatchGuard Dimension(セキュリティの可視化)が評価されたという。

CNIでは、24時間365日の運用・監視ノウハウテクノロジと、新データセンター「コアクラウドセンター」のファシリティを融合し、新たなクラウドサービスの提供を開始している。同ソリューションは、クラウドサービスのオプションとして提供する。これにより利用者は、高度な標的型攻撃(APT)対策が施されたクラウドサービスを安価な月額費用で利用できる。CNIでは、コアグループで長年培ったエンドポイントのネットワークセキュリティの仕組みとともに全方位のセキュリティソリューションを提供するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×