ネットワーク認証サーバアプライアンスの新版、利便性をさらに強化(ソリトン) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

ネットワーク認証サーバアプライアンスの新版、利便性をさらに強化(ソリトン)

ソリトンは、ネットワーク認証サーバアプライアンスの新版「NetAttest EPS V4.8」を3月5日より販売する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は2月19日、ネットワーク認証サーバアプライアンスの新版「NetAttest EPS V4.8」を3月5日より販売すると発表した。同製品は、ワイヤレスやリモート接続機器と連携し、企業ネットワークへ接続するユーザや端末が正規のものか否かを判断し、不正なアクセスを防止するオールインワンのネットワーク認証アプライアンス。

新バージョンでは、「パスワード連続失敗によるアカウントロック機能」や「パスワード有効期限機能」など“なりすまし”の被害を防止する機能や、ユーザアカウントの棚卸しを効率化する「ユーザの最終認証成功日時の記録機能」にも対応するなど、利便性の高いセキュリティをさらに強化した。また、認証局(CA)に対応する暗号方式に「楕円曲線暗号」を追加した。価格は中規模向けモデルの「NetAttest EPS-ST04」が890,000円、大規模向けモデル(同DX03)および小規模向けモデル(SX04)はオープン価格となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×