機能拡張により、Microsoft Azure環境との連携をさらに強化(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

機能拡張により、Microsoft Azure環境との連携をさらに強化(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Deep Security」と、「TMSC」の2製品において、Microsoft Azure環境との連携をさらに強化する機能拡張を行うと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は2月12日、総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」と、クラウドストレージ向けデータ保護ソリューション「Trend Micro SecureCloud(TMSC)」の2製品において、Microsoft Azure環境との連携をさらに強化する機能拡張を行うと発表した。今回の機能拡張は、企業ユーザがMicrosoft Azure環境をより安全に、容易なセキュリティ運用で活用できるように支援するものとなっている。

Deep Securityでは、バージョン9.5 サービスパック1においてMicrosoft Azureと連携するためのクラウドコネクタ機能を新たに実装する。本機能はトレンドマイクロ独自のインテグレーションとなる。本機能により、仮想サーバの減少をDeep Securityが自動的に認識し、Deep Securityの管理マネージャ上から減少したサーバのセキュリティ設定が自動的に削除されるようになった。また、Microsoft Azure上の仮想サーバ情報をDeep Security Managerの管理コンソール上で一元的に可視化し管理することが可能になっている。

TMSCでは、今回リリースする新バージョン3.7より、従来から対応していたアマゾンウェブサービス(AWS)に加え、Microsoft Azureにも対応する。また新バージョンでは、データデバイスにアクセスする仮想サーバの安全性をより細かく確認できるようになった。仮想サーバにインストールされているDeep Securityエージェントの設定状態を確認し、鍵の配信の可否を決定することにより、データアクセスの安全性をさらに向上するという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×