砕けたスーパークッキー:憎まれていた不死身のストーカーの抹殺を Verizon が約束~今回のオプトアウトは、本当にオプトアウトだそうだ(The Register) | ScanNetSecurity
2024.03.01(金)

砕けたスーパークッキー:憎まれていた不死身のストーカーの抹殺を Verizon が約束~今回のオプトアウトは、本当にオプトアウトだそうだ(The Register)

この「加入者ごとのヘッダ」は包括的な性質のインジェクションであり、さらに取り除くことができないため、プライバシーを尊重する人々による悪評を呼んだ。EFF の活動家たちは、このヘッダの義務的な性質に異議を唱えた。

国際 TheRegister
いわゆる不滅の「スーパークッキー(super-cookie)」を利用して加入者の指紋を採取する行為から、Verizon が手を引いた。

その米国の通信企業は 2012 年から、「ユーザーが Verizon のネットワークを介してウェブサイトに送るすべての HTTP リクエスト」に、固有の識別ヘッダー(UIDH)の注入を開始した。それにより狡猾な広告代理店は、サイトからサイトへと移動する人々を識別することができ、おそらくは個人の趣味に合わせた広告を表示することができた。

あなたがすべての cookie をブラウザから削除しても、あるいは Chrome のシークレットモードのようなものを利用しても、そのヘッダを抹殺することにはならない――なぜなら、それはキャリアによって自動的に挿入されているからだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×