Five Eyes のマルウェアのコーディングに豪州の諜報機関が関わっていると研究者が主張~キーロガー QWERTY のコードは機関を名指しする(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

Five Eyes のマルウェアのコーディングに豪州の諜報機関が関わっていると研究者が主張~キーロガー QWERTY のコードは機関を名指しする(The Register)

「我々は、カナダ(のスパイ機関)が間違いなくWARRIORPRIDEを利用することを知っているが、QWERTYバイナリの1つであるストリングは、(ASD が)その開発に関わっている可能性があることを示唆している」とGuarnieriは語った。

国際 TheRegister
The Australian Signals Directorate(ASD、豪州通信電子局)は、「国際的な監視機関たちの間で利用されている『Regin』の一部とほぼ同一だと見なされているキーロギング」のモジュールの作成に関与したのではという申し立てに対して、コメントすることを拒否した。

セキュリティ研究家たちはマルウェアのコード内のファイルパスを理由に、その関与を指摘している。そのパスには同機関に関するリファレンスがあり、国にコード化された「WARRIORPRIDE」として知られているマルウェアが利用するプラグイン「QWERTY」の一部にハードコートされていた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×