Five Eyes のマルウェアのコーディングに豪州の諜報機関が関わっていると研究者が主張~キーロガー QWERTY のコードは機関を名指しする(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

Five Eyes のマルウェアのコーディングに豪州の諜報機関が関わっていると研究者が主張~キーロガー QWERTY のコードは機関を名指しする(The Register)

国際 TheRegister

The Australian Signals Directorate(ASD、豪州通信電子局)は、「国際的な監視機関たちの間で利用されている『Regin』の一部とほぼ同一だと見なされているキーロギング」のモジュールの作成に関与したのではという申し立てに対して、コメントすることを拒否した。

セキュリティ研究家たちはマルウェアのコード内のファイルパスを理由に、その関与を指摘している。そのパスには同機関に関するリファレンスがあり、国にコード化された「WARRIORPRIDE」として知られているマルウェアが利用するプラグイン「QWERTY」の一部にハードコートされていた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×