仮設用途対応の「監視カメラ向け無線ネットワーク」を発表(三菱電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

仮設用途対応の「監視カメラ向け無線ネットワーク」を発表(三菱電機)

 三菱電機は28日、マルチホップ通信技術を適用した仮設用途対応の「監視カメラ向け無線ネットワーク」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 三菱電機は28日、マルチホップ通信技術を適用した仮設用途対応の「監視カメラ向け無線ネットワーク」を発表した。

 マルチホップ機能を備えた無線LAN内蔵の無線監視カメラを複数台設置することで、電源や回線の工事なしに監視カメラのネットワークを構築・運用することを可能としている。バッテリー駆動の無線監視カメラは持ち運びが容易となっており、無線環境の状況に応じて伝送量を制御して映像が途切れることを防止する。

 タブレット端末で電波状況や障害発生場所、最適な無線監視カメラの設置場所などを特定して、手軽に運用できるようにしている。スポーツやコンサートなどのイベントなどでの短期間の映像監視システム構築や、既設の有線監視カメラネットワークの補完など、さまざまな利用用途を想定している。

三菱電機、監視カメラ向け無線ネットワークを開発!工事不要の仮設用途に対応

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×