サーバを攻撃されたい? それなら PHP を使えばいい~「インストールされている PHPの 4 分の 3 は安全ではない」研究で明らかに(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

サーバを攻撃されたい? それなら PHP を使えばいい~「インストールされている PHPの 4 分の 3 は安全ではない」研究で明らかに(The Register)

5.3から5.6までの各バージョンのPHPで、既知の脆弱性を含んでいないのは僅かな数のマイナーバージョンのみだったが、その「安全なバージョン」を大多数のシステムは利用していなかった。

国際 TheRegister
現在インストールされている全ての PHP の78%以上が、「既知のセキュリティ上の脆弱性」を少なくとも一つは抱えたまま利用されているということが、一人の研究者によって明らかにされた。

Google の Developer Advocate である Anthony Ferrara は、様々なバージョンの PHP における既知の脆弱性リストと、ウェブ調査サイト W3Techs による統計の結果を相関させることで、この残念な結論に辿り着いた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×