原子力発電所のハッキングが韓国にサイバー戦争演習を促す~原子炉の設計図、ソーシャルメディアに漏えい(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

原子力発電所のハッキングが韓国にサイバー戦争演習を促す~原子炉の設計図、ソーシャルメディアに漏えい(The Register)

国際 TheRegister

韓国の原子力発電所を運営する企業が、機密データの漏えい事件や正体不明のハッカーによる脅威を経験したことを受け、サイバー戦争演習の実施を決定した。

韓国水力原子力発電(KHNP)は先週(編集部註:2014 年 12 月第 3 週)、プラント器材の設計図とマニュアルがオンラインに漏えいしたことから、その演習を実施する決心を固めた。

その技術書は金曜日(編集部註:2014 年 12 月 19 日)ソーシャルメディアにばらまかれ、その際には「president of the anti-nuclear reactor group(直訳:反原子炉グループのプレジデント」なるアカウントが利用された。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×