原子力発電所のハッキングが韓国にサイバー戦争演習を促す~原子炉の設計図、ソーシャルメディアに漏えい | ScanNetSecurity
2024.02.27(火)

原子力発電所のハッキングが韓国にサイバー戦争演習を促す~原子炉の設計図、ソーシャルメディアに漏えい

「この情報漏えいは、先進的な、かつ急速に進化している脅威に対して、国の重要なインフラが(とりわけ技術とインフラの経年が露呈している場面で)安全化を図ることの難しさを証明するものだ」

国際 TheRegister
韓国の原子力発電所を運営する企業が、機密データの漏えい事件や正体不明のハッカーによる脅威を経験したことを受け、サイバー戦争演習の実施を決定した。

韓国水力原子力発電(KHNP)は先週(編集部註:2014 年 12 月第 3 週)、プラント器材の設計図とマニュアルがオンラインに漏えいしたことから、その演習を実施する決心を固めた。

その技術書は金曜日(編集部註:2014 年 12 月 19 日)ソーシャルメディアにばらまかれ、その際には「president of the anti-nuclear reactor group(直訳:反原子炉グループのプレジデント」なるアカウントが利用された。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×