「ISC.org」がハッキングの被害に:同サイトを訪問したユーザーはマルウェアのスキャンを~「BIND や DHCP のコードには問題なし」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

「ISC.org」がハッキングの被害に:同サイトを訪問したユーザーはマルウェアのスキャンを~「BIND や DHCP のコードには問題なし」(The Register)

そのサイトを訪問する人々は、ウェブの舞台裏でソフトウェアやハードウェアのエンジニアリングに携わっている可能性が高い。彼らをマルウェアで侵害すれば、攻撃者は貴重なシステムや、おそらくは「それを破壊するツール」へのアクセスを得られる。

国際 TheRegister
BIND DNS サーバや ISC DHCP ツールを開発した「Internet Systems Consortium」のウェブサイトがハッキングされた。

そのウェブサイトは「ネット市民へ攻撃の警告をする代替ページ」に置き換えられていた。そこには訪問者を感染させるためのブービートラップが悪党たちによって仕掛けられていたので、最近 ISC.org を閲覧した全てのユーザーは、自身の PC がマルウェアに感染していないか確認するよう促されている。

ISC.org は WordPress を利用してウェブページを提供している。「CMS」「プラグインの一つ」「サポートファイル」のいずれかが悪用されたことで、そのウェブサーバは侵害されたようだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×