「ISC.org」がハッキングの被害に:同サイトを訪問したユーザーはマルウェアのスキャンを~「BIND や DHCP のコードには問題なし」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

「ISC.org」がハッキングの被害に:同サイトを訪問したユーザーはマルウェアのスキャンを~「BIND や DHCP のコードには問題なし」(The Register)

国際 TheRegister

BIND DNS サーバや ISC DHCP ツールを開発した「Internet Systems Consortium」のウェブサイトがハッキングされた。

そのウェブサイトは「ネット市民へ攻撃の警告をする代替ページ」に置き換えられていた。そこには訪問者を感染させるためのブービートラップが悪党たちによって仕掛けられていたので、最近 ISC.org を閲覧した全てのユーザーは、自身の PC がマルウェアに感染していないか確認するよう促されている。

ISC.org は WordPress を利用してウェブページを提供している。「CMS」「プラグインの一つ」「サポートファイル」のいずれかが悪用されたことで、そのウェブサーバは侵害されたようだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×