Thunderstrike がファームウェアブートキットで OS X を打つ~その恒久的なバックドアは Thunderbolt ポートを有する全ての Mac に影響を与える(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Thunderstrike がファームウェアブートキットで OS X を打つ~その恒久的なバックドアは Thunderbolt ポートを有する全ての Mac に影響を与える(The Register)

国際 TheRegister

リバースエンジニア専門家の Trammell Hudson が、静かに、永続的に、Apple Mac を起動から侵害できる「Thunderstrike」と呼ばれる攻撃を開発した。

Thunderstrike 攻撃は、(利用が開始されてから)35 年目となる Option ROM を使って悪質なファームウェアをインストールし、また、それを取り除こうとする試みを締め出すように、Mac のエクステンシブル・ファームウェア・インターフェース(EFI)内の RSA キーを書き換えるものだ。

この攻撃は、2011 年に Thunderbolt の攻撃を開始してから、それ以降にリリースされた全ての Macbook に有効であると Hudson は語っており、また彼は 7 台のマシンでのテストに成功したと記している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×