POS マルウェアを使う詐欺師たちは IP カメラをハッキングして標的を定める~それは実際にレジなのか、ただのお飾りか?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

POS マルウェアを使う詐欺師たちは IP カメラをハッキングして標的を定める~それは実際にレジなのか、ただのお飾りか?(The Register)

カード詐欺師たちは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)に対する総当たりログイン攻撃やパスワードの推察、およびルーターや監視カメラのコントロールパネルの脆弱性のエクスプロイトを組み合わせた攻撃をしていると、そのチームは語った。

国際 TheRegister
POS マルウェア「BackOff」を操作するカード詐欺師たちは、「その標的に攻撃の価値があるのかどうか」を確認するために、IP カメラをハッキングしていると、研究者の Rotem Kerner が語っている。

その研究は、昨年 7 月に「カード詐欺師たちに人気の、リモートデスクトッププロトコルを利用するマルウェアが企業を襲っている」と警告する発表を米国 CERT が行って以降、「決定的に開いていた」(時間的な)空白を埋めるものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×