POS マルウェアを使う詐欺師たちは IP カメラをハッキングして標的を定める~それは実際にレジなのか、ただのお飾りか?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

POS マルウェアを使う詐欺師たちは IP カメラをハッキングして標的を定める~それは実際にレジなのか、ただのお飾りか?(The Register)

国際 TheRegister

POS マルウェア「BackOff」を操作するカード詐欺師たちは、「その標的に攻撃の価値があるのかどうか」を確認するために、IP カメラをハッキングしていると、研究者の Rotem Kerner が語っている。

その研究は、昨年 7 月に「カード詐欺師たちに人気の、リモートデスクトッププロトコルを利用するマルウェアが企業を襲っている」と警告する発表を米国 CERT が行って以降、「決定的に開いていた」(時間的な)空白を埋めるものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×