Sony のハッカーたちがクリスマスのプレゼントに「盗難データのさらなる開示」を約束~その不気味な交渉は、まだ続いている(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

Sony のハッカーたちがクリスマスのプレゼントに「盗難データのさらなる開示」を約束~その不気味な交渉は、まだ続いている(The Register)

日曜日には、新たな 5.53 ギガバイトの非圧縮のキャッシュが投稿されている。このときのデータは Steven O'Dell のメールアカウントのデータで、すでに削除されていたものも含め、そこには 72,900 通以上のメールが含まれていた。

国際 TheRegister
Sony Pictures のサーバからデータを略奪したハッカー集団「Guardians of Peace」は、同社の映画スタジオから盗んだデータも漏えいした――そして彼らは、一連の不吉なメッセージで、クリスマスまでに「より大量の文書開示」を行うと脅迫した。

その脅迫が行われたのは、「この Sony の子会社のボスは 2013 年の後半から、同社のシステムがハッキングされ、機密情報が漏えいしていることを知っていた」という主張が行われている状況下でのことだった。

「君たちのために、我々はクリスマスプレゼントを用意しているところだ」と、Pastebin と Friendpaste に投稿された最初のメッセージは短い文章で告げた。それは以下のように述べている。「その贈り物とは、これまでより大量のデータだ。そしてそれは、これまでより楽しいものだ。この贈り物は確実に、より多くの喜びを君たちに与え、そして Sony Pictures を最悪の状況に陥れるだろう」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×