英国の「Care.data 情報共有計画」の未来はどうなる?~パイロットの段階でプライバシー活動家に嫌われ、現時点で一年の遅延(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

英国の「Care.data 情報共有計画」の未来はどうなる?~パイロットの段階でプライバシー活動家に嫌われ、現時点で一年の遅延(The Register)

国際 TheRegister

論争の焦点となっている「Care.data」計画の将来は、この秋から開始されている「より大規模に行われるパイロットプログラム」の結果次第であり、つまりそれは早くとも(当初の予定から)1 年遅れで実装されるということになると、一通の報告書が金曜日(編集部註:2014 年 12 月 12 日)明らかにした。

Care.data は、GP レコードの情報を保健社会医療情報センター(Health and Social Care Information Centre)へ繋ぐことを意図した大規模な IT プログラムである。それは、もともと 2014 年春に実装される計画だった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×