Bitcoin は研究者の手で剥き出しにされる~60 %のトランザクションが、IP アドレスに関連づけられる可能性(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

Bitcoin は研究者の手で剥き出しにされる~60 %のトランザクションが、IP アドレスに関連づけられる可能性(The Register)

さらに恐ろしいことに、その研究者たちは、NAT ファイアウォールを利用しているユーザを識別することも可能で――その攻撃は、他の P2P に拡大できると彼らは考えている。

国際 TheRegister
「匿名による金融取引の新たな時代の到来を告げるべくして生まれた、サイバーリバタリアンのポスター・チャイルド」である Bitcoin は、University of Luxembourg の研究によれば、ユーザーの IP アドレスの保護においてはゴミ同然であるという。

Laboratory of Algorithmics, Cryptology and Security(LACS)の Alex Biryukov、Dmitry Khovratovich、Ivan Pustogarov が記した Association of Computing Machinery(ACM)カンファレンスの資料によれば、ユーザーのアドレスを 60%の精度で暴くには、「数台のコンピュータ」と、サーバ 1 台あたり 1,500 ユーロ(編集部註:約 22 万円)、及びトラフィックチャージの予算があれば充分だろうという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×