中堅企業向けに高パフォーマンスのNGFW・UTMアプライアンス新製品(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

中堅企業向けに高パフォーマンスのNGFW・UTMアプライアンス新製品(ウォッチガード)

ウォッチガードは、中堅企業、および分散拠点を持つ企業向けに開発されたNGFW・UTMアプライアンスの新製品、「WatchGuard Firebox M400 / M500」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は12月4日、中堅企業、および分散拠点を持つ企業向けに開発された次世代ファイアウォール(NGFW)・統合脅威管理(UTM)アプライアンスの新製品、「WatchGuard Firebox M400 / M500」を発表した。同製品は、企業が必要とするネットワーク帯域幅の急増、高速ネットワーク接続への要求、トラフィックの暗号化といったネットワークセキュリティの課題に対応し、安全なネットワークの構築を支援するもの。

両製品は、最新のIntel PentiumとCeleronプロセッサを実装し、すべてのセキュリティ機能を有効にした場合のパフォーマンスにおいて、他社ソリューションと比較して最大61%高速なスループットを実証したという。また、HTTPSでの暗号化されたトラフィックの検知スループットにおいても最大149%のパフォーマンス向上を達成、ネットワークのパフォーマンスを損ねることなく、強固なセキュリティ対策を実現することが可能になるとしている。価格はオープンプライスで、参考価格はFirebox M400が833,600円から、Firebox M500が1,291,200円からとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×