犯罪抑止のために橋・道路など村内13か所に防犯カメラを設置(群馬県昭和村) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

犯罪抑止のために橋・道路など村内13か所に防犯カメラを設置(群馬県昭和村)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 群馬県昭和村は、村総合運動公園や隣接する沼田市と渋川市との境界の橋、道路など村内13か所に防犯カメラを設置する。来月12月から正式運用を開始するため、現在は試験運用を行っている段階だ。カメラの管理は村役場で行い、カメラはSDカード記録タイプの防犯カメラ。1週間毎に撮影したデータを上書きしていく形を取る。

 防犯カメラの効果としては「防犯カメラ稼働中」という周知看板などによる犯罪抑止があげられるが、認知症で徘徊する高齢者の捜索などにも活用が見込まれている。

 昭和村では防犯カメラの設置以外にも、防犯灯のLED化なども予算に盛り込んでいる。

群馬県昭和村が村境など13か所に防犯カメラを設置

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×