犯罪抑止のために橋・道路など村内13か所に防犯カメラを設置(群馬県昭和村) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

犯罪抑止のために橋・道路など村内13か所に防犯カメラを設置(群馬県昭和村)

群馬県昭和村は、村総合運動公園や隣接する沼田市と渋川市との境界の橋、道路など村内13か所に防犯カメラを設置する。12月から正式運用を開始するため、現在は試験運用を行っている段階だ。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 群馬県昭和村は、村総合運動公園や隣接する沼田市と渋川市との境界の橋、道路など村内13か所に防犯カメラを設置する。来月12月から正式運用を開始するため、現在は試験運用を行っている段階だ。カメラの管理は村役場で行い、カメラはSDカード記録タイプの防犯カメラ。1週間毎に撮影したデータを上書きしていく形を取る。

 防犯カメラの効果としては「防犯カメラ稼働中」という周知看板などによる犯罪抑止があげられるが、認知症で徘徊する高齢者の捜索などにも活用が見込まれている。

 昭和村では防犯カメラの設置以外にも、防犯灯のLED化なども予算に盛り込んでいる。

群馬県昭和村が村境など13か所に防犯カメラを設置

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×